着物 処分

↓無料で着物の買取価格を調べたい方はこちらをクリック↓



汚れた古い着物でも処分(買取)してもらえるのでしょうか?

祖母に着物の処分を頼まれてこまっていました。着物自体ものがいいものか どうかはもちろんわからなかったからです。着物の種類としては、大島紬や結城紬、また訪問着や色無地などが多いのですが、証紙がないものがほとんどでした。

 

以前着物を買ったお店で尋ねてみると、店員さんは「ずっと形見でとっておくか、バラして座布団カバーにするしかない」といいます。しかし、とっておくには量がありすぎるし困っていたんですね。

 

できれば納得できる値段で売りたいと思ったので、複数の買取出張サービスに頼んで査定してもらって一番高いところに売るって方法を試すことにしたんです。

 

とはいっても、着物買取のサイトさんを何店舗か調べてみてはいても、どんなショップさんがいいのかがわかりません。

 

ネットで買い物を高価買取してくれる処分方法とは?

 

 

早速、着物買取りに無知な私がネットで調べてみると、直接店舗に宅急便などで送付して見積もりしてもらうタイプの店はいくつか見つけました。

 

しかし、数千円かけて発送して買い取り金額が数百円、ということは避けたいので、できるだけ近くの店に直接持っていって店頭で見積もりをしたほうが良いのではないかと思ったんです。

 

そこで、家の近くにある着物専門のリサイクルショップに振り袖の買い取りの目安を聞いた所、物や状態にもよるけれど、だいたい買ったときの100分の1の金額が目安になりますと言われたんですね。しかし、そこの店員さんが不愛想だったのと、それだと納得いかないなと思って、少しでも高く買い取ってもらえるお店を探していました。

 

というのも、着物に詳しい友人に古い着物の買取価格を聞いてみると、1万〜数十万と話していたからです。ただし、それこそ中古車と同じで、ピンきりなので相場などはない、と思ったほうがよいということでした。

 

素材や発色性、デザイン、どこの職人の製作なのかにもよって値段は左右するらしく、20万以下でかった着物は、よくて2万円程度なんだとか。正直売るほうがバカらしい金額でしか売れないと言うのです。

 

100万以上したものならば、10万以上にはなるかもしれません。ただし、本当にもともと100万の価値があったかによるわけで、着物は高いだけの詐欺も多いので、高いから価値があるような気がして買った、という目利きの出来ない買い方をしていた場合、売値が数万円にしかならずがっかり、という事もよくあるらしいのです。

 

まぁしかし、うちにはさすがに100万以上した着物はないと思ったので、安心していたのです。それよりもできれば、叔母の大切にしていたお着物なので丁寧な対応をして頂けるようなショップで売りたいと思っていたんですね。

 

そこで、ネットでさらに調べてみると、無料で査定してくれる着物買取り業者をいくつか見つけました。前もって電話して「一番高いところに売りたい」と伝えておいたのでトラブルもなく、一番高く着物を買い取ってくれる業者を探すことができると書いてあったので、私もその方法で頼んでみることにしたんですね!

 

でも、実際、着物の査定をお願いしてみると「いま決めてくれればこの下取り額に10%上乗せします! 何とかお願いします!」とか、どうしても買取りしたいらしく、その熱意というか押し売りを跳ね返すのってけっこう大変だったりしたこともありました。

 

着物を処分する方法は大きく3つ

 

 

そこで最終的に私は5店舗で利用をして比較してみたのです。買取り方法は大きくわけて3つあります。

 

まず、自宅まで査定訪問してもらう方法。たくさん着物がある人は、運ぶのも大変だと思いますのでおすすめです。それに電話すれば、指定の時間に来てくれますので、家から一歩もでることなく気軽にお願いすることができます。

 

次に箱につめて指定の場所へ送り、査定してもらう方法。でもこれだと見ず知らずの相手に大切な着物を渡すことになるので査定とはいっても少し心配ですよね。個人的には、着物ではありませんが他のものでこのやり方で売って、連絡がこないという嫌な思いをしたことがあるのでおすすめしません。

 

そして、最後が店舗にもっていき査定してもらう方法です。自宅の近くに着物を買取りしてくれる店舗があれば、持って行ってもよいかと思いますが、できれば比較したほうが高く買い取ってもらえるお店が見つかると思いますし、着物が大量にあると運ぶのも大変でした。

 

私が実際買い取りをした中でお勧めのお店をこのサイトでは紹介していますのでよければ参考にしてみてくださいね。

 

次のページで、着物買取口コミの評判の良いお店をご紹介します。